ドル円FXでデイトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ドル円FXの特徴記事一覧

国内では実に8割のFXトレーダーが売買する特異通貨ペアドル円

まずはじめに国内のFX市場のことについて少し触れておくことにします。2014 年 3 月期の市場規模は預かり証拠金残高で表すことになりますが、その規模は 1 兆 1,609 億円となり、前年同期比 12.5%増と大幅に増加していることがわかります。2013 年 3 月期に 1 兆円を突破し、預かり証...

≫続きを読む

 

長らく崩れていた株、債券、為替の相関関係が元に戻ってきた

2008年にリーマンショックが起こってからは、米国は量的金融緩和(QE)を実施してきたことで金融市場の再活性化に成功してきました。いわゆる中央銀行バブルと呼ばれるものですが、こうした政策のもとでは、過度な金余りを背景として株も為替も債券も並行的に上昇するというきわめて特別な動きが示現することとなりま...

≫続きを読む

 

根本的には実需が一定の価格を支えるのがドル円

国際決済銀行が開示しているデータによりますと、世界的なFXの市場規模は、2014年でほぼ7兆ドル弱程度の取引規模が確認されています。これはトレードボリュームの総額と考えればいいわけえすが、そのうちイギリスのシェアはほぼ40%、アメリカがその半分の20%弱、日本が6%程度でシンガポールを抜き返した状態...

≫続きを読む

 

投機筋の売買は6割以上で結構登場してくるのもドル円の特徴

短期売買に力を入れる投機筋の中心はヘッジファンドです。彼らはほぼ200兆円程度の資金にレバレッジをかけて売買をしていきますので、短期的に相場を押し上げたり押し下げたりする相当な力を持っていると言えます。2015年8月24日のドル円の大暴落でも垣間見ることができましたが、アルゴリズムが相変わらず高速取...

≫続きを読む

 

資源国通貨主体のクロス円がドル円の頭を押さえる動きも

米国の利上げと中国経済鈍化に伴うリスク回避という2つのファクターから相場は上下に揺れ動く展開が続いていますが、ドルストレートが全般的に高くなっても、かならずしもドル円は同じ方向で動かなくなっており、クロス円の動きにも注意を払う必要が出てきています。資源国通貨の対円での下落がドル円でも円高を招く確かに...

≫続きを読む

 

ドル円の相場に影響を及ぼすオプションの存在について

ドル円の取引をしているとよくFXニュースなどで聞くことになるのがオプションの存在です。個人投資家はバイナリーオプションを売買しますが、実はこのオプションもその一つであり、一定の金額で通貨ペアを買う権利や売る権利のことをいいます。売る権利はコールオプション、買う権利はプットオプションと呼ばれますが、実...

≫続きを読む

 

ドル円FXに最適な業者ランキング

大手DMM系列で信頼性が高く、システムも安定。ドル円スプレッド0,3銭で1000通貨から取引できるのが魅力です スキャルピング公認のFX会社。スキャルピングFXを主体とするならここ。 1通貨から取引ができ、少額から始めたい人におすすめ。

詳細は以下の記事をご参考に
⇒ドル円FXをするならおすすめのFX業者はここだ

 
TOP ドル円FXの特徴 今後の見通し 金融政策の影響