ドル円FXでデイトレード

ドルインデックスを確認してみるのもドル円取引では重要な方法

米国の利上時期がFX取引でも最大の注目点となっていることから、ドル主導の為替相場の展開が続くことはほぼ間違いない状況となってきています。

 

したがってドル円の取引でもドルインデックスをチェックしていくことが肝心となります。
 

ドルインデックスとは

このドルインデックスは、特定の通貨との関係を示しているのではなく、総合的なドルの価値を示した指標となっています。これはその名のとおりドルを主体とした指標で、計算にあたっては複数の主要通貨内でのドルの価値を、貿易規模などを加味して計算されるようになっています。

 

このドルインデックスには取りまとめている機関が異なる3つのバリエーションが存在しています。

 

通常FX市場で見ているドルインデックスはインターコンチネンタル取引所が出している指数となります。その他にFRBやBIS、大手銀行など、色々な組織がこの指数を算出しています。それぞれ指標は異なり、対象となっている通貨数が異なるため結果はかなり食い違うものとなってるのです。

 

通常利用されているICEのドルインデックスは通貨数が6つであるのに対し、FRBは26の通貨を対象としていますのでこれだけ見ていてもかなり違うことが理解できます。

 

ICEの6つの通貨の構成とは、ユーロ57.6%、日本円13.6%、英ポンド11.9%、カナダドル9.1%、スウェーデンクローネ4.2%、スイスフラン3.6%となっており、ドルインデックスに占めるユーロの比重がもっとも大きくなっています。

 

したがってユーロドルの動きを探る場合にはドルインデックスはかなり有効な指標ということができますが、ドルの力を見るという点ではドル円でもチェックしておいて損はない指標といえるのです。

ドル高なのか円安なのかを判断するにはいい指標

ドル円の場合、ほかのドルストレートとは異なる動きをすることが多くなりつつあります。たとえばリスク回避となると新興国通貨などではドルが買われることいなりますが、円も買われることが多くなり、その度合いによってドル円は円高に動くこともあるのです。

 

直近でもクロス円が円高に振れるとドルストレートは全般に高い状況であってもドル円だけは円高にシフトすることがあるのです。こうした状況はドルインデックスを見ていますと、ドル起因なのか円起因で起こっているのかかなりはっきりわかるようになります。

 

最近ではリスク回避や株安のときにキャリートレードの巻き戻しでユーロが大きく買われたり、円が買われたりという独特の動きがでるようになってきていますので、できるだけ総合的な情報のとれる指標を見ておくことが重要になってきているのです。

 

特定通過ペアのトレンドとオシレーター系だけをみていては、市場でなにが起こっているのかわからないことになりかねません。それぐらい動きが複雑化している状況にあるのです。そういう意味ではドルインデックスは客観的にドルの動きをトラッキングするのにはいい指標といえます。

 

米ドルインデックス指数先物はCFD口座で取引可能

ちなみに米ドルインデックスそれ自体でトレードしたいのであれば、GMOクリック証券のCFD口座で取引可能です。

 

スプレッドは変動制ですが、原則5ポイントとそれほど負担はないようですね。証拠金維持率4%(25倍)でレバレッジも十分かけれます。ミニ取引もあり、比較的少額からも始めることができますね。

 

興味のある方はGMOクリック証券のCFD口座で試してみてください。

 

では、次は一目均衡表についてみていきましょう。
ドル円取引ではもっとも見られているテクニカル指標が一目均衡表

 

ドル円FXを主体とするならコストと安定性を重視した口座選びを

ドル円を主体としてFXをトレードするのであれば、コスト面(スプレッド)とシステムの安定性が重要です。

 

スプレッドがいくら狭くても安定して提供できない業者を選んでしまうと、変動時に思いもよらない損失を被ることになります。

 

また、小刻みにトレードができるように1,000通貨から取引ができる業者を選ぶことがポイントです。

 

おすすめは以下のFX会社です。

 

【2018年10月時点 ドル円スプレッド各社比較】

 

GMOクリック証券:0.3銭 スワップ62円 10,000通貨取引

 

外為ジャパン:0.3銭 スワップ43円 1000通貨取引

 

SBI FXトレード:0.29銭 スワップ63円 1通貨取引

 

ドル円FXにおすすめに業者は上記3社です。

 

いずれもスプレッドが狭く、スワップも高くおすすめです。

 

FX初心者は少額から取引ができるSBI FXトレードで、中〜上級者はDMM系列で評判の高い外為ジャパンがいいでしょう。

 

参考:ドル円FXをするならお勧めのFX業者はここだ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ドル円FXに最適な業者ランキング

大手DMM系列で信頼性が高く、システムも安定。ドル円スプレッド0,3銭で1000通貨から取引できるのが魅力です スキャルピング公認のFX会社。スキャルピングFXを主体とするならここ。 1通貨から取引ができ、少額から始めたい人におすすめ。

詳細は以下の記事をご参考に
⇒ドル円FXをするならおすすめのFX業者はここだ

 
TOP ドル円FXの特徴 今後の見通し 金融政策の影響