ドル円FXでデイトレード

ドル円でナンピン買いは効果的か?

金融の世界では下手なナンピンすかんぴんと揶揄されるほど評判の悪い手法がこのナンピンといわれるものです。

 

それは大体やってみても儲からない手法の一つとなってしまっているからですが、それでもルールを決めて利用しているトレーダーも多いのは事実です。

ナンピンの正確な定義

ナンピンには売りと買いがありますが、基本的には買いを想定している言葉でナンピン買いなどとも呼ばれます。

 

為替相場が当初予想した方向とは反対へ動いている場合に、更にポジションを買い増しして買いの平均コストを下げるというのがこのナンピンの方法となります。このように買い増しすることで、相場が回復すれば無事に損失を出さずに利益確定できるというのがこの方法の発想となります。

 

しかし、相場がさらに下がり続けた場合には、もとのポジションをはじめナンピンしたポジションまで串刺しにあい、当初の単独のポジションの損失よりもさらに大きな損失を出してしまう恐れもあるのです。こうしたことから、プロのトレーダーやFXの教科書などではナンピンを完全に否定しています。

ナンピンという言葉の由来

ナンピンという言葉は、株でも為替でも使われている言葉ですが、漢字で書きますと『難平』と書くのです。難を平らにするということからこう呼ぶようになったようで、金融市場の世界で使われる以前に江戸時代から商人の間で使われてきた言葉であり、相場の世界でも定着していったものと思われます。

 

思惑に反した局面で損失を回避する目的で買い増しや売り増しをするという意味の言葉だそうですが、なかなかこれで損失を回避するのが難しいのは昔からのようです。

ナンピンが負ける理由

何回かに1回かはナンピンの手法で救われて、利益を回復させることもできることができるのがナンピンですが、日常的に利用すればかならず損失を拡大させる場面に出くわすことになります。最初から相場の底が分っているのであれば損失は膨らみます。

ドル円ナンピンが成立するのは一時的な下げのみ

トレンドがはっきり出ていて、確実に戻る可能性が極めて高いような一時的な下げのときには、確かにナンピンで救われることはありえるといえます。

 

ですからまずトレンドが本当にあるのかどうかを見極めることがナンピン利用の最大のポイントとなります。

最後は損切りに勝るものなし

FXで勝ち残るためには自主ルールを設定しそれをしっかりと遵守することが極めて重要になります。

 

結局一旦損きりして入りなおしたほうが儲かるということもあるのです。

 

ドル円の場合には1日に最大1円程度しか動きませんから、ナンピンで我慢して相場回復を待つという気持ちもよくわかりますが、実際には30PIPS 程度下落したら一旦損切りをして再度底値で入りなおしたほうが結果として効率がよくなることが多いということだけは認識しておくべきです。あまり作ったポジションにこだわり過ぎないこともFXでは重要になるのです。

 

NEXT⇒ドル円FXを毎日トレードするなら売買方針を立ててから売買を行ってみる

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ドル円FXに最適な業者ランキング

大手DMM系列で信頼性が高く、システムも安定。ドル円スプレッド0,3銭で1000通貨から取引できるのが魅力です スキャルピング公認のFX会社。スキャルピングFXを主体とするならここ。 1通貨から取引ができ、少額から始めたい人におすすめ。

詳細は以下の記事をご参考に
⇒ドル円FXをするならおすすめのFX業者はここだ

 
TOP ドル円FXの特徴 今後の見通し 金融政策の影響