ドル円FXでデイトレード

損失から想定するドル円の証拠金管理も重要

証拠金管理には様々な方法がありますが、損失という視点からみた管理方法はもっともその中でも秀逸なものといえます。最近ではドル円は1日でほぼ1円近く動くようになっていますので、まずこの動きの最大幅をベースに証拠金を管理していくことが重要になります。

自分の証拠金でいくらまで売買できるのかを理解しておくこと

ドル円で10万円の証拠金があったときを例にとって見ますと、1000通貨単位で売買すればポジションを利用するために必要な証拠金は直近では4800円ほどになります。

 

この1枚のドル円は最近ではほぼ1日に1円程度動くことになりますので最悪もっとも高いところで購入して価格が下落して、損切りをしなかった場合には1000円の損失が出ることになります。

 

10万円で最大損失として許容できるのは5%上限が普通ですから5000円までは損失をかかえてもいい勘定になりますので、この計算でいえば損切りをしないでも1000通貨単位5枚、つまり5000通貨ペアまでは10万円で売買しても許容範囲にあてはまる売買ボリュームとなるのです。

 

もちろんストップロスをもっとタイトにおけばさらに購入することもできますが、1円戻すことも多くなりますのであえてこうした環境設定にしているのです。

1万通貨でも同様の管理方法が可能

1万通貨で同様の管理を行った場合にはドル円で1日1銭動くとすると1万円の損失になりますから、ドル円1万通貨を売買するために5%の損失ルールからすれば20万円の証拠金があればドル円1万通貨を購入しても安全圏ということになるのです。

 

この発想はかなり余裕をもった資金管理法になりますが、最近のようになにがあるかわからない中では1日に起こりそうな最大の動きからみた売買ボリュームを管理していくことが重要になるのです。

 

一般的には多くのトレーダーが証拠金に対してボリュームを大きく取引しすぎで損失を拡大させている傾向にあります。限られた資金を無闇に減らさないためにもこのぐらいの余裕があり、しかも5%損失まで許容するルールに適合する方法を選択することが重要となるのです。

 

ドル円に限らず、FXで一定以上の成功を収めている人たちはこうした損失面から想定した証拠管理方法を少なからずとっているのです。

 

とにかく自分の証拠金でいくらまで売買ができるかわかっておらずに適当にトレードをすることだけは絶対にやめるべきです。これをしっかり理解していれば、最大どこのポイントまで損切りをセットバックできるかもすぐにわかるようになりますし、すべてにつながる資金管理法となってくるわけです。

 

これまでこうした管理をまったくした来なかった方はぜひ考え直してみることをお勧めします。幸いドル円なら損失金額も計算しやすくなりますから難しく考えなくてもすぐに管理法を履行していくことができるようになるのです。

 

NEXT⇒ドル円では毎日トレンドラインを朝引き直してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ドル円FXに最適な業者ランキング

大手DMM系列で信頼性が高く、システムも安定。ドル円スプレッド0,3銭で1000通貨から取引できるのが魅力です スキャルピング公認のFX会社。スキャルピングFXを主体とするならここ。 1通貨から取引ができ、少額から始めたい人におすすめ。

詳細は以下の記事をご参考に
⇒ドル円FXをするならおすすめのFX業者はここだ

 
TOP ドル円FXの特徴 今後の見通し 金融政策の影響