ドル円FXでデイトレード

逆張りに特化してスキャルピングを狙うなら平均足の利用も

ドル円のレンジ相場で逆張りにより売買をしていくのであれば平均足を利用するのも一つの手となります。

 

平均足は、ローソク足に良く煮ていますが、まったく異なるチャートとなっています。ローソク足はリアルタイムでの相場の動きを高値、安値そのままに正確に表しますが、この平均足は単位時間あたりの高値と安値の平均値が買いか売りだったかを表示してくれるもので、相場の流れの変化を把握することができるのです。

 

色分けで示されるため流れの変化が一目瞭然でわかる

平均足とは、株式相場などではコマ足とも呼ばれるもので、ローソク足の実体部分の上辺と下辺に「平均値」を採用したものです。
 
スキャルピングが広範に流行しているドル円相場では、多くのトレーダーがこの指標を見ながらエントリーポイントを探しあてるのに使っているといわれます。上昇と下落が色分けではっきりわかるため、売買ポイントを見つけやすいのが人気の秘密です。

 

平均足で見ていきますと、陽線と陰線が連続することが多く、これが明確に示されないときには相場には方向感がないことを示唆しています。ローソク足と見かけは同じでも平均足が示唆している情報はかなりローソク足とは異なりますのでしっかり覚えることが必要になります。

 

平均足の読み取り方は慣れれば簡単

平均足のサインで注意しなくてはならないのが上ヒゲ、下ヒゲです。平均足の場合には、上昇する局面では下ヒゲが一切現れないのが大きな特徴です。逆に下降局面でも同様に上ヒゲは存在せず、下ヒゲの長い陰線だけが継続します。

 

平均足に上ヒゲがでた場合には高値を更新して上昇の可能性を示唆することになりますし、下ヒゲは安値を更新し、大きく下落することを示唆することになります。これはローソク足の示唆とまったく違いますので、ヒゲがでたからといって逆張りをすると大怪我をしますから要注意です。

 

できればほかのツールとの組み合わせで利用するのが理想的

平均足の場合、ボリンジャーバンドなどのトレンドツールとの組み合わせが有効に機能することになります。1分足などでもよく見極めれば利用していくことができますが、あまり短い時間を利用しますと騙しにあうこともあるため、ボリンジャーバンドなどと組み合わせると精度が急激に上がることになります。MACDと組み合わせて逆張りポイントをさらに細かく特定するという方法もあります。

 

もちろん平均足だけでプライスアクションになれてくれば、これと前日の高値、安値だけでも勝負することも可能です。要はどれだけチャートから情報を飲み取ることができるかの熟練度に依存する話ですが、リスクがあると思ったらボリンジャーバンドや既出のエンベロープなどと組みあわせてみるのがリスクの少ない利用法といえます。とにかく毎日見続けていくことが大きな力になっていくといえます。

 

NEXT⇒損失から想定するドル円の証拠金管理も重要

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ドル円FXに最適な業者ランキング

大手DMM系列で信頼性が高く、システムも安定。ドル円スプレッド0,3銭で1000通貨から取引できるのが魅力です スキャルピング公認のFX会社。スキャルピングFXを主体とするならここ。 1通貨から取引ができ、少額から始めたい人におすすめ。

詳細は以下の記事をご参考に
⇒ドル円FXをするならおすすめのFX業者はここだ

 
TOP ドル円FXの特徴 今後の見通し 金融政策の影響