ドル円FXでデイトレード

スキャルピングとドル円の親和性について

最近、ドル円の取引で国内の多くの個人投資家が好んで行っているのがスキャルピングという売買方法です。

 

なぜこの方法がドル円売買において多くの個人投資家に選択されているのかを知るができれば、FX取引の今を理解することが可能になるというわけですから、やるかやらないかは別としても、スキャルピングというものがどのようは方法なのかをしっかり理解することは重要です。

そもそもスキャルピングとは?

スキャルピングという言葉はアメリカのインディアンが頭の皮を剥ぐことから来ているもので、薄い利益を確保して積み上げているという投資法です。スキャルピングの場合、数十秒から数分のうちで売買を繰り返していき、長くポジションを持たないことでリスクを軽減する売買方法です。

 

1回あたりの利益は少ないものの、繰り返すことで累積的に利益を積み上げているという手法で、大きな相場の流れとは別に細かく利益を上げていくやり方です。

スキャルピングが登場したのはネットのリアルタイム取引以降

FXでこのスキャルピングという売買手法が確立したのは、ネットでの売買ができるようになり、しかも店頭FX業者で通貨ペアのスプレッドが狭くなり、取引手数料が無料になったことが大きな理由です。

 

個人投資家でもほとんどインターバンクのディーラー並みにリアルタイムでの価格で売買ができるようになり、しかもストリーミング注文で指定した金額での売買ができるようになったからこそ実現している投資手法なのです。

スキャルピング手法への評価はまちまち

スキャルピングの最も大きなメリットは、ポジションを短時間しか保有しないため、相場の大きな価格変動やトレンドの変化の影響をほとんど受けないということです。

 

仮に間違った方向にポジションを取ってしまったときには躊躇することなく損切りをしていきますので、大きな損失を受けることもなく取引を継続していくことができる点は大きなポイントです。

 

しかしエントリー回数が増えるため失敗リスクも高まり適当なレベル感で売買すると損が嵩むだけという指摘があることも事実です。いかに確実なエントリーをするかがキモになってくるのです。

ドル円はスプレッドが狭い業者が多いのでスキャル向き

ドル円はとにかくスプレッドの狭い業者が多く存在するためスキャルピングには適しているといえます。また、東京市場は本邦勢主体で取引が進むことになるため、レンジ相場になりやすく、これもスキャルには向いた時間帯となります。

 

ただし欧州時間以降は逆張りでのスキャルは結構リスクが高まりますのでどの時間で売買するかは相当よく考えてから行うことが重要となります。

 

足元の相場のようにボラティリティが高く、荒れた状況でもうまくやればそれなりにリスクをとらずに利益が得られるのがスキャルピングの妙味となりますが、やはりエントリーするタイミングを間違えると証拠金を減らすリスクに直面しますので、比較的安全な取引のできるドル円でもよく精査して売買することが重要となります。

 

スキャルピングをするなら約定力の強いFX会社がおすすめ

スキャルピングトレードを主体にするならスプレッドが狭いのはもちろんのこと、約定力の強いFX会社を選ぶ必要があります。

 

また、1000通貨から取引ができる口座がいいでしょう。

 

スキャルピングに適したFX会社はJFXです。

 

システムに負担がかかるため多くのFX業者ではスキャルピングを推薦していませんが、JFXはスキャルピングを公認している数少ない会社です。

 

また、外為ジャパンもスプレッドが安定していておすすめです。

 

スキャルピングに適したFX業者について
ドル円FXをするならお勧めのFX業者はここだ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ドル円FXに最適な業者ランキング

大手DMM系列で信頼性が高く、システムも安定。ドル円スプレッド0,3銭で1000通貨から取引できるのが魅力です スキャルピング公認のFX会社。スキャルピングFXを主体とするならここ。 1通貨から取引ができ、少額から始めたい人におすすめ。

詳細は以下の記事をご参考に
⇒ドル円FXをするならおすすめのFX業者はここだ

 
TOP ドル円FXの特徴 今後の見通し 金融政策の影響